血漿交換施工の際の設定の注意点

血漿交換



血漿交換を行う際の設定の注意点

血漿交換を行う際に設定等をしますが、その際の注意点を簡単にまとめておきたいと思います。


血漿交換施工時の設定

注意点
  • TMPは、必ず60mmHg以下にて操作を行う。
  • 血漿流量は必ず血液流量の30%以下で設定する。
  • 置換液量は、必ず循環血漿量の 1〜1.5倍で行う。



 

おすすめ Ns. tools




転ばぬ先の杖!!
今しなくても
とりあえず登録!!!

【 大手 看護師転職サイト 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です