シャントPTAの適応基準

シャントPTA 適応基準

シャント管理で一般的なのはやっぱり、「シャント音」と「スリル」かと思いますが、シャントPTAの適応基準というものがあるので、まとめておきます。



シャントPTAの適応
  • 造影で、50%以上の狭窄。
  • 吻合部に向かって穿刺し、QB=180ml/min以下にする事が何度かある。
  • 静脈圧が上昇傾向で、通常よりも50mmHg以上高い場合もしくは、
    QB=200ml/min 程度で 静脈圧が150mmHg以上が続く場合。

ちなみに、シャント感染はPTAの適応ではないし、増設後1ヶ月以内の吻合部狭窄のPTAは禁忌となっている。





将来の不安をなくす

転ばぬ先の杖!!
今しなくても
とりあえず登録!!!

【 大手 看護師転職サイト 】

おすすめ Ns. tools




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です