IBD ( Inflammatory Bowel Disease ) = 炎症性腸疾患に関して



IBD ( Inflammatory Bowel Disease ) = 炎症性腸疾患とは

よく医療現場で使う言葉で IBD ( Inflammatory Bowel Disease ) というものがあります。IBDとは、炎症性腸疾患の事を指します。今回は IBDのちょっとしたメモになります。現在は食習慣の欧米化によりその数が若年層を中心に増えてきているそうです。男女比の差はないそうです。

ちなみに、エビデンスはありませんが肉好きの潔癖症の人はなりやすく、喫煙者はなりにくいらしいです。現在は根本的な治療方法はありませんが、便移植法という新しい治療方法が注目されてきています。


一般的にIBDは UC と CD 。

 UC ( Ulcerative Colitis ) = 潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、基本的に大腸に限局されます。直腸に病変が限局している「直腸炎型」と、脾彎曲部(ひわんきょくぶ)より肛門側に病変が限局される「左側大腸炎型」、脾彎曲部(ひわんきょくぶ)より口側に病変が限局される「全大腸炎型」の 3つに大きく分類される。



小題1

CD  ( Crohn’s Disease ) = クローン病

口から肛門までの全ての消化管に出来うる疾患で、膿が溜まって凸凹状の炎症が起こる病気です。



おすすめ Ns. tools




転ばぬ先の杖!!
今しなくても
とりあえず登録!!!

【 大手 看護師転職サイト 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です