透析でよく見る各種分子量

 

透析治療の不要物の除去や是正は基本的には、ダイアライザーいわゆる透析膜を通して拡散をドライビングフォースとしたものであります。現在は内部濾過促進型で限外濾過で中分子量物質を除去して行くことも大事になっています。

その中で重要になってくるのがその大きさ。



透析でよく見る各種分子量

小分子量物質 ( 500Da以下 )

K:39 Da

P:31 Da

尿素窒素:60 Da

クレアチニン:113 Da

etc…

中分子量物質 ( 500〜5000Da )

ビリルビン:585 Da

ビタミンB12:1355 Da

β2-MG:11800 Da

α1ミクログロブリン:33000 Da

etc…

大分子量物質 ( 5000Da以上 )

インスリン:5807 Da

ヘモグロビン:64500 Da

アルブミン:66000 Da

IgG:150000 Da

IgA:160000 Da

IgM:900000 Da

etc…

 



転ばぬ先の杖!!
今しなくても
とりあえず登録!!!

【 大手 看護師転職サイト 】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です