SLE ( Systemic Lupus Erythematosus = 全身性エリテマトーデス ) の診療報酬算定上の留意点



SLE ( Systemic Lupus Erythematosus = 全身性エリテマトーデス ) の診療報酬算定上の留意点

今回は少し特殊ですが、SLE ( Systemic Lupus Erythematosus = 全身性エリテマトーデス ) の診療報酬算定上の留意点についてまとめてみます。

SLEとは、Systemic Lupus Erythematosus。Systemic = 全身性。Lupus Erythematosus = 紅斑性狼瘡。という自己免疫疾患の一つで難病指定された疾患です。lupusって狼っていう意味なんですね。知ってました?狼に噛まれた様な赤い紅斑であることから名付けられたそうです。


SLEの診療報酬算定上の留意点

SLE診療報酬算定 注意点
  • 都道府県知事によって特定疾患医療受給者と認められた者。
  • 測定した血清補体価、補体蛋白値または抗DNA抗体の値を診療録に記録。
  • 実施回数は、4回/月を限度に算定する。
  • 急性進行性糸球体腎炎 (RPGN)または、中枢神経性ループス (CNSループス)と診断された者。
  • 血清補体 (CH50) の値が 20単位以下、補体蛋白 (C3) の値が 40mg/dl以下、抗DNA抗体の値が高く、ステロイド療法が無効な場合もしくは臨床的に不適切な場合。

おすすめ Ns. tools




転ばぬ先の杖!!
今しなくても
とりあえず登録!!!

【 大手 看護師転職サイト 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です